【ネット通販】洋服のサイズ選びに失敗しない方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どーもイツキです。

みなさん洋服はどのように購入していますか?

ネット通販が身近になった今でも、洋服は店舗で購入する人が多いかと思います。

画像で見るより、もちろん実物を見たほうが得られる情報も多いです。

なにより試着することができるので、購入の判断がしやすいですよね。

実物を見たほうが購入の判断がしやすいのは確か…

実物を見たほうが購入の判断がしやすい。

ネット通販だと想像していたサイズ感と違ったり、画像と発色が違うなんてザラですよね。

特にサイズは同じMサイズでもブランドによって多少違ってくるものです。

そのブランドのサイズ感がわかっている人や商品の詳しいサイズ表を見ただけで分かる人は極少数です。

 

しかし、限りある時間。

ネットでミスなく購入できれば、時間節約にもなり他の時間に費やすことができます。

ネットでしか購入できない服も気軽にポチっとできるかもしれません。

 

今回はネットで洋服を購入する際に、サイズ選びに失敗しないコツをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ネット通販】洋服のサイズ選びに失敗しないコツ

洋服といっても色々な種類がありますが、まずはトップスをうまく購入するコツをご紹介します。

自分のサイズを知ろう

みなさんある程度自分のサイズはわかると思います。

もちろんそのサイズでネット購入してもOK。

 

しかし、例えば普段ユニクロのMサイズを着ている人で、違うブランドのMサイズをネット購入したら、サイズ感がしっくりこない場合も往々にしてあります。

 

これを回避するには、まずはトップスの重要箇所の自分サイズを知る必要があります。

 

それが、着丈、肩幅、そで丈です。

Photo by https://www.rakuten.ne.jp/gold/kodomo-bee/size/measuring.html

 

まずはここのサイズをおさえましょう!

着丈はエリの付け根からスソ先端までの長さです。基本的には前の長さになります。
・肩幅はその通りです。
・そで丈は肩先からソデ先までの長さ。
要は腕の長さです。

 

この3点を知ることで、ネット通販で洋服を購入するハードルがかなり下がります。

 

まずはお手持ちの洋服の中でしっくりくるトップスの着丈、肩幅、そで丈を採寸してみましょう!

ある程度トップスの自分サイズが見えてきます。

採寸は正直面倒臭いですが、これをやると今後の通販購入がかなり楽になりますよ。

そして、ネット購入する際は、重要箇所3点のマイサイズと購入する服のサイズを照らし合わせながら、サイズを判断していきましょう。

サイズ交換、返品可能なサイトで購入。

いくら重要箇所のサイズがわかったとしても、実際購入して着てみたらなんかしっくりこない。

そんなこと全然ありますよ!(笑)

ほとんど通販で洋服を購入する私ですが、どうしてもサイズがしっくりこない時もあります。

しかし、最近の通販サイトではサイズ交換や返品に対応してくれるサイトが多いです。

交換や返品する際の送料は自己負担が多いですが、店舗に行く交通費とか時間を節約できると思うと納得できるでしょう。

 

まずはユニクロのオンラインストアで練習がてら購入してみましょう!

{{meta.title}}
{{meta.description}}

ユニクロの商品なら購入したことがある人も多いはず。

基本的には交換や返品も可能です。

オンラインストアで購入した商品でも、店舗にて返品対応してくれます。

この場合は返品送料がかからないのでありがたいですね。

返品交換について(オンラインストア購入商品)

ゾゾタウンもアフターケアが充実しているけど、ブランドが多いので通販初心者はユニクロのオンラインストアから慣れていくのがオススメです。

 

当たり前ですが、ある程度同じブランドのオンラインストアで購入していくと、そのブランドのサイズ感がわかってきます。

例えば、ユニクロのシャツは丈が長いとか、パンツのテーパードが甘いとかわかるようになります。

 

今回はトップス編でしたが、どこかでパンツ編もやろうと思います。

今の時代はネットが発達したことで、都会にいようと田舎にいようとオシャレを楽しむことが可能になりました。

ネットショッピングを上手く活用することで、さらにオシャレに洋服を楽しんで頂きたいです。

ファッションマガジン【オシャレは人生を豊かにする手段】

オシャレになることは、手段であり目的ではありません。

 

モテるため、品の良いレストランにいくため、仕事の商談のため、といった様々な目的を達成するための手段なのです。

 

しかし、オシャレを上手く使えていない人が本当に多いのです。

 

オシャレを上手く利用して、人生を豊かにしてほしい。

 

そんなオシャレ初心者のためのファッションマガジンです↓

https://note.mu/itsukidesu/m/mb486da461cd6

(もちろん洋服が好きな人も大歓迎。)

 

あわせて読みたい↓

【営業マンにオススメ!】軽くて歩きやすい革靴
営業マンの商売道具である「革靴」。しっかりと磨き上げられた革靴は周りに仕事ができる印象を与えることができます。しかし、革靴は重くて歩きにくく使い勝手はよくありません。外回りで長時間歩くこともある営業マンにとって機能面では不向きといえます。そんな営業マンに向けて、軽くて歩きやすい革靴のご紹介です。
【旅行先で歩き疲れない】超軽くて歩きやすい革靴
旅行で履いていく靴といえば「スニーカー」。しかし、旅行先でオシャレなレストランに行くときなど、革靴が必要な場面があります。かといって、革靴では長時間歩くこともある旅行には不向き。理想は、「スニーカーのような革靴」。あるんです!!今回はそんな革靴をご紹介します。
雨の日に履くべき革靴はこれだ!
ここ最近、東京ではゲリラ豪雨が続いています。 雨の日の地面は滑りやすくてとても危険です。 特に革底の靴は滑りやすくて危険! 以前、革底のパドローネというブランドの靴を雨の日に履いていたのですが、豪快に滑ってしまった記憶があります。 ...