UNIQLO ファーリーフリース 活用コーデ術

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年、冬のトレンドは「フリース素材」。

 

私がオススメするフリースはユニクロの「ファーリーフリースフルジップジャケット」。

ユニクロ「ファーリーフリースジャケット」

ユニクロ「ファーリーフリースジャケット」

¥1,990+tax

 

値段もお手頃でさすがユニクロ!
カラー展開も豊富なのもありがたいですね。

 

https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/fleece/men/

 

このフリースの最大の特徴は毛足の長さ。

 

毛足が長く、肌触りが最高なんです!

これは病みつきになりますよ。

 

また、毛足が長いのでラグジュアリーな雰囲気があり高見えします!

 

とはいえ、カジュアルな要素が強く、いつの間にか部屋着になってしまいがちな「フリース」。

街着として活用するにはちょっとした工夫が必要です。

 

今回はユニクロの「ファーリーフリースフルジップジャケット」を使ったフリースコーデ術をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリースは「キレイめコーデ」がオススメ!

カジュアル要素が強いフリース。

童顔が多い日本人にとって、フリースは子供っぽい印象を与えてしまいます。

キレイめアイテムとあわせることで、バランスがとれたコーデになります。

175㎝でLサイズを着用。

 

革靴やスラックスタイプのパンツと合わせるのがオススメ。

大人っぽいフリースコーデができます。

特に白や黒は上品な雰囲気があってあわせやすいですよ!

 

フリースのサイズはLサイズをチョイス。

普段はMサイズですが、ゆったりシルエットでトレンドをおさえました。

 

ハイゲージのセーターとも相性が良いです。

落ち着きのあるカラーのセーターを選べば外出コーデにも使えますよ!

ブーツとあわせてさらにキレイめなコーデに。

 

想像以上に防寒性があるので、アウタージャケットとして使えますよ!

 

アウターのインナーとしても使える

Photo by WEAR

ベーシックな作りとサイズ感なので、コートなどアウターのインナーとして使えます。

使いやすいブラックやホワイトだけでなく、差し色として明るめのカラーをチョイスするのも良いでしょう。

特にロングコートと相性抜群です。

 

Photo by WEAR

やはりホワイトは使いやすいですね。

主にインナーとして使う場合のサイズは、普段のマイサイズでOK。

大きすぎると野暮ったさが出てしまいます。

 

あわせて読みたい↓