【徹底レビュー!】無印良品インナーダウン【コスパ最高】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬コーデの定番アイテム「インナーダウン」。

 

ウールのコートなどのインナーとして着ることで、保温性が増して外出先でも快適に過ごすことができます。

 

また、ビジネスマンのジャケットインナーとしても使える汎用性の高いアイテムで、近年人気が急上昇しています。

 

様々なブランドからインナーダウンがでていますが、今回は無印良品のおすすめインナーダウンをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軽量オーストラリアポケッタブルノーカラーブルゾン

 

無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラージャケット

「無印良品」軽量オーストラリアポケッタブルノーカラーブルゾン

「無印良品」軽量オーストラリアポケッタブルノーカラーブルゾン

Photo by 無印良品

 

¥5,990

 

今回、私が購入したのはネイビーのLサイズ。(私175㎝普通体型)

無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラージャケット

 

使いやすいノーカラー(えりなし)タイプ

 

エリのないノーカラータイプなので、コーデの邪魔をしません。

アウターのインナーとしてうまく馴染んでくれますよ。

 

アウターの邪魔をせずに、保温性を高めてくれます。

特にロングコートと相性抜群!

この組み合わせは、保温性も良くてオシャレに見せることが出来るオススメコーデです。

 

ノーカラータイプはエリに高さのあるタートルネックと相性抜群。

 

高品質だからアウターとしても使える

 

一般的に良質なダウン商品は、フィルパワーが500~700あるとされています。

(フィルパワーとは、簡単に言うとダウンの膨らみのことです。良いダウンを選ぶ上で1つの目安になります。)

 

今回の、無印のインナーダウンは750フィルパワー!!

 

充分なスペックを持っているため、もちろんインナーだけでなくアウターとしても活躍してくれます。

 

冬はもちろんのこと、秋や春先にも活躍してくれます。

 

私は今回ネイビーのLサイズを購入。

 

ジャストサイズはМサイズでしたが、アウターとしても使うことを見越してLサイズを購入しました。

Lサイズですが、野暮ったくないのでアウターのインナーとしても全然イケますよ!

 

インナーメインで使いたい人はジャストサイズをオススメします。

 

少し心配な点も…

 

良い点ばかりでなく、悪い点もご紹介。

この商品はノーカラータイプでエリがありません。

 

写真では分かりづらいですが、エリ周りにパイピング加工がされていません。

 

なにが言いたいかというと、エリ周りの強度が弱いのです。

 

特にフロントとバックの生地を縫い合わせている箇所は、負荷がかかりやすいのでパイピング加工されていると安心です。

 

パイピング加工されたインナーダウン↓

 

パイピング加工されているだけで強度は全然違いますよ。

インナーダウンで生地も薄いため、エリの縫製部分が破けてしまわないか心配です。

腕を通す時に、何かの拍子で引っかかると、縫製が部分が破けてしまう懸念があります。

 

まとめ

 

今回レビューした無印良品の「軽量オーストラリアポケッタブルノーカラーブルゾン」。

良い点や悪い点もありますが、総合的にみると間違いなく良い商品です!

 

特にインナーダウン初心者の人にはオススメ!

 

コスパ最高で間違いない商品です。

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね↓

 

無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルノーカラージャケット